優秀で正義感の強い人がみな弁護士になれるように

旧司法試験に合格した弁護士

司法制度改革で、司法試験の制度が変わり、認定機関で座学を受けるのと引き換えに司法試験の難易度が下がったようです。それはないだろう、という気もします。誰のためにそんな制度にしたのかは定かではありませんが、弁護士不足が深刻な地方在住者が、そうした制度で弁護士が増えることを望んでいるとは思えません。弁護士には、とにかく優秀であってほしい、頭の切れる人であってほしい、と願うでしょう。座学を受けずに独学で司法試験に合格する道も残っていて、その合格者への需要が高いのもうなずけます。

弁護士の頭の良さは半端ではない

大学在学中に旧司法試験に合格したような弁護士の頭の良さは、半端なものではありません。生まれつきの頭のつくりが違うんだろうな、という感じです。一を聞いて十を知るというのはこのことかと、超常現象の存在のようなものを感じたほどです。これほどのレベルの頭の良さを、弱者救済、正義実現のために使う、というのはたいへんに望ましいことで、よくぞ弁護士になってくれました、という感じでした。頭のいい人には弁護士になってほしいし、どの弁護士も頭のいい人であってほしいものです。

プラス正義感も必要だが

頭のいい人がみな、強い正義感を持つということはないでしょう。どんなに頭がよくても、正義感のない行動をする弁護士は淘汰されるようなシステムができあがってほしいものです。正義感がないと、割に合わない仕事なら、いくら頭がよくても弁護士になろうとはしないわけですから、最初の段階で弾けます。認定機関で座学を受けるというのは、費用を払えばできることですから、お金で試験が通りやすくなるようで不安です。以前の制度のままの方が、人々のためになりそうな気がします。

鹿児島の弁護士では、会社内や家庭内のトラブルに対して無料で相談にのってくれるので依頼しやすい環境です。