高校での転校は子どもの気持ちに寄り添って

最近は転校の理由が変わってきた?

転勤族を父に持った子どもが、小さいころから転校を繰り返すことは免れない事情ですが、近年では所謂「家庭の事情」以外で転校を余儀なくされる子どもも、少なくはないようです。転校の理由も、いじめであったり、私立に入ったはいいが、勉強についていけないということであったり、純粋に学校の方針が合わないなど、様々でしょう。転校の年齢もそれぞれですが、中でも高校時の転校は、特に気をつけなければならない点がいくつかあるのではないでしょうか。

我が子が高校転校を言い出して来たら?

高校転校ともなると、本人が転校を希望した、というのが大半だと考えられますよね。本人は思春期の真っただ中ですから、「こんな学校なんてもう、イヤ!」となったら、転校一直線に走ってしまうかもしれません。なので親はここでいったん、ブレ-キをかけることも視野に入れたいものです。イジメなどというやむを得ない事情を除いて、高校転校ってそんなに簡単ではありませんよね。受け入れ先の学校を探して、学力がついていけるのかどうかの判断も大事ですし、希望の高校に空きがないということも考えられます。本人から「どうして転校したいのか」その理由をきちんと聞き、場合によっては踏みとどまらせることも、想定しなければなりません。

子どもときちんと向き合ったうえで答えを出しましょう

いったいこの先、どうするのか。それを決めるためには、まず親がきちんと子供と向き合うということが大切なのではないでしょうか。日常の忙しさにかまけす、子どもの話を聞きましょう。それはもしかしたら、子どもからのSOSかもしれません。そしてそのうえで、転校希望が納得のいく理由であるなら、是非、手を貸してあげてはいかがでしょうか。高校転校は大学入試に不利!と考える方もいらっしゃるでしょうが、このまま通いたくない高校に通い続けて、果たして良い結果が出せるでしょうか。高校生はまだ子どもですが、多分親が思っているほどに子どもではないかもしれません。将来を踏まえたうえでの選択ならば、応援してあげたいものです。

高校を転校するメリットとして、これまでとは違う環境で学習に取り組むことが出来、将来を見据えて行動を取ることも可能です。