相続税の軽減を目指すことについてのこと!

相続税というのは意外と

相続税というのは意外と対策ができるようになっています。その一つが贈与になります。贈与にすることによって、かなり相続財産を抑えることができるようになります。要するにいざ本番の相続のときまでに財産を目減りさせておくことです。但し、贈与にも限度がありますから、これは注意しておいたほうが良いでしょう。具体的にいいますと110万円になります。これを毎年実行することによってかなりしっかりとした対策にできるでしょう。

どこまで出来るのかということ

一人当たり、毎年110万円になりますから、子供が三人いるのであれば330万円も毎年できるようになります。これを10年やれば3300万円になるわけです。これほどまでにできるのであればとてもよいに決まっています。しかも、しっかりと合法になりますから、まったく心配はないことになります。いうまでもありませんがこれは絶対に超えないようにするのが必須になります。これによってかなり相続税の削減をできるようになりますから、お勧めできます。

相続をする財産の評価について

相続財産の評価が下がることも実は重要です。そのためにマンション経営をする、というのもありです。そこからいくらの利益が出ているのか、ということがポイントではなく、その不動産価値によって決まるわけですから、実は相当によい評価額になることがあります。要するに評価価値が下がるわけです。何しろ、不動産は購入すれば価値が確実に下がるものですから、相続財産の目減りのためにマンション経営などをすることがお勧め出来るわけです。

相続の申告を税理士に任せるには、いくつかのポイントがありますが、中でも報酬額の支払い方や無料相談のサービスの特徴を理解することが重要です。